名古屋及び名古屋近郊で廃車の買取・引き取りなら【 名古屋の廃車買取 】サイトにお任せ下さい。

名古屋の廃車買取

廃車はいくらで買取られる

廃車買取の料金

廃車買取の料金はどれくらいになるでしょう。
具体的な査定金額は業者によって異なり、車種、年式、パーツの状態、走行距離など条件によっても変わります。
廃車にしたあとに愛車がどのように扱われるかをご存知でしょうか。廃車について知ることは、査定のポイントを知ることです。

愛車の廃車=スクラップ処分のイメージはありませんか。
車を廃車にするということは、鉄の再資源化(リサイクル)を促進。
具体的には、廃車として買取られた車、専門業者に引き取られた廃車、これは最終的に地方冶自体から許認可を受けた廃車買取の専門業者によって、スクラップ処理され鉄くずになるのですが、廃車をスクラップするには様々な工程があります。

ここでは、一般的に車が廃車としてスクラップされるまでの流れをご紹介。
取り外された部品は、リサイクルパーツ(中古部品)や鉄資源として再利用、
特に、日本車は世界各国で人気があり、日本の中古車は世界中で利用されて、
その中でも人気の車種は、
ハイエースワゴン&バン、カローラ、ランドクルーザー、
サファリ、トラック、ダンプカー、バス・バン等となります。

なぜ日本車が人気かと言うと、

  • 非常に燃費が良い
  • 故障が少ないので安心して乗れる、耐久性がある
  • 日本の自動車に対する信頼性が高い
  • リサイクルパーツ(中古部品)が充実しているので安価に修理が可能

また、海外では日本車の評価も高く、海外ではAT車よりもMT車のほうが修理・整備が簡単に出来るため人気があります。

日本では過走行車・故障車・不人気車など、通常の下取りでは値段が付かなかった車も、輸出用としてリサイクル出来る部品があれば廃車に高値が付く場合もあります。

廃車処理の流れ

1.車の状態を確認
車を引き受けた業者は車の状態を確認し、リサイクルパーツ(中古部品)としての価値があるものと鉄スクラップにするものを分けます。
2.リサイクルパーツ(中古部品)の取外し
状態の良い部品や使用可能なパーツはリサイクルパーツ(中古部品)と判断され、まずはこれらを取外し、その後、フロンガスや各種オイルを車から抜き取ります。
3.リサイクルパーツ(中古部品)の調査
取外されたリサイクルパーツ(中古部品)は状態を細かくチェックし、検品に合格したパーツは洗浄され、商品として保管または店頭に並びます。
4.解体作業及びプレス処理
リサイクルパーツ(中古部品)が取外された廃車はスクラップにする準備をします。まずはエンジンやミッションなどを解体し、解体が完了したら残りの車体部分をプレス処理、鉄スクラップとして第二の人生を歩みます。

このように廃車には、鉄資源としてどれほどの価値があるか、
リサイクルパーツ(中古部品)としてどれほど利用できるか等、
値段がつくまでには様々な査定基準があり、より再利用される見込みが高ければ、買取業者は廃車を高く評価します。
業者によっても評価の仕方が違いますので、一社ではなく数件の業者へ見積依頼をしてみましょう。

また、廃車をより高く引き取ってもらうためには、
車を動く状態にしておき、買取業者へ直接持ち込む
廃車の手続きを自分で行う

といった、査定以外にかかる金額を抑えることもおすすめ。

名古屋及び名古屋近郊で廃車にするのであれば、車のレッカー費用を無料で対応してくれる業者もあるので、下記から廃車買取の業者へご相談下さい。

page top